ホームお店ご紹介インデックス > 屋久島のパン屋さん パン・ド・シュクル Pain de sucre

屋久島のパン屋さん パン・ド・シュクル Pain de sucre

屋久島の尾之間で
パン・ド・シュクル Pain de sucreさんが
開店しました。



只今の焼きたてはコチラの2種類です。



ここまで焼きたてパンの香りがします。



焼きたてパンの香りの中で
東京から移住された佐藤さんが2014年6月24日に開店された
“パン・ド・シュクル”は、 白と茶色の壁に赤い屋根のパン屋さんです。

お店の前に来ると香ばしい焼きたてのパンの香りが・・・・・。
期待でお腹が “グ~~” スミマセン!
扉を開けるとショーケースの中には焼きたての、クロワッサン、デニッシュ、惣菜パン、菓子パンなどが並び、上には、食パンや、バゲットなどが並んでます。   ゴックン! 美味しそうですよ皆さ~ん!

佐藤さんに 美味しいパンを焼くための 「こだわり」 をお聞きしました。

材料については、小麦粉は九州産・北海道産をブレンドしています、バターは宮崎産を、卵は平飼い有精卵の新鮮なものを使っています、あとは愛情を少々。(^-^)

この“愛情を少々”に美味しさの秘密があるのかも?
こんなこともおっしゃってました。

皆さんに美味しいパンを食べていただきたいんだけど、一日に焼ける数が限られているので、せっかく来てもらっても売切れの時は本当に申し訳ない、出来る限り沢山焼いてお待ちしてます。

パン・ド・シュクルさんで “焼きたてパンを Get ”するには、午前中に行かないと買えないかもしれませんね。 ・・・お早めに!
ところで、パン・ド・シュクルとは、日本語に訳すと・・・何ですか?

お砂糖のパンです。

ありがとうございました。 ( ̄▽ ̄o)
(M)



お店のご主人、この方が美味しいパンを作っているんですね!


ごめんなさい! 売り切れです。



正面中央がパン工場、右側が店舗になっています。

【営業時間】
AM 9:00~売り切れまで

【定休日】
毎週 日曜日・月曜日・祝祭日

【メニュー】
クロワッサン、デニッシュ、あんパン、メロンパン、カレーパン、バゲット、食パン、レーズンブレッド など

【アクセス】
尾之間付近の県道沿い、海側のこの看板が目印。